ニューコードNLPスクール日本語研究部《古今そぞろ歩き》

ニューコードNLPマスタープラクティショナー野瀬美佐が1日1テーマ、古今の和歌や俳句をめぐる日本語や日本人への気づきをスケッチします。美しい日本語の響きを楽しんでいただければ幸いです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクールの公式サイト:
http://www.nlp-school.jp/

ニューコードNLP公式ブログ:
http://nlp.doorblog.jp/


 音に聞く 高師の浜の あだ波は
  かけじや袖の 濡れもこそすれ
  
   祐子内親王家紀伊(百人一首 72番)



《読み》
 おとにきく たかしのはまの あだなみは 
  かけじやそでの ぬれもこそすれ

   祐子内親王家紀伊(いうしないしんわうけきのきい)


《現代語訳》
高師の浜にいたずらにさわぐ波がうっかり袖にかからないようにしておきましょう。袖が濡れると困りますもの。(浮気者だと評判に高いあなたの言葉など心にかけずにおきましょう。あとで涙にくれて袖を濡らしてはいけませんから)


《メモ》
「音に聞く」というのは評判に聞くとか噂に名高いという意味です。そしてこの言葉が「高師の浜」にかかるのか「高師の浜のあだ波」にかかるのか曖昧になっています。

男女の恋愛にまつわる、お互いにいろいろな想いが入り混じった心境を、ストレートに表現せず、こうして自然界の現象にたとえているさまは、とても抽象度の高いコミュニケーションの形だといえます。

波


Wikisource: 小倉百人一首に収められている歌の一覧


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


記事更新日:2020/08/08


みかの原 わきてながるる いづみ川 
 いつみきとてか 恋しかるらむ
  
  中納言兼輔(百人一首27番)



《読み》
みかのはら わきてながるる いづみがわ 
 いつみきとてか こひしかるらむ

  中納言兼輔(ちうなごんかねすけ)



《現代語訳》
みかの原から湧き出て、その原を分けて流れる泉川のように、いったいいつあの人に逢ったといって、このように恋しく思うのであろうか。


《メモ》
わきてながるるの「わきて」は、「湧きて」と「分けて」の二つの意味を表します。このことから、泉から川の水が湧き出ているようす、そして湧き出た川がみかの原を分けて流れるようすがイメージできます。

そして、泉から湧き出る水やみかの原を流れる川が、いつのまにか動きはじめた兼輔の恋心のメタファーになっています。

川


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク



記事更新日:2020/08/07

しのぶれど 色に出にけり わが恋は 
 物や思ふと 人のとふまで
  
  平兼盛(百人一首 40番)



《読み》
しのぶれど いろにいでにけり わがこひは
 ものやおもふと ひとのとふまで

  平兼盛(たひらのかねもり)


《現代語訳》
わたしの恋。他の人には秘めているのだけれど、顔色や素振りに出てしまったよ。物思いをしているのかと人が問うまで。


《メモ》
「色に出る」は、今の会話でいうと「顔に出る」という表現と同じような意味ですが、どんな表情なのか、漠然としていてあいまいですね。

「物や思ふ」もです。これはどんな物思いなんでしょう?

「わたしの恋」も、誰への恋?

曖昧な言葉は読み手の想像をふくらませます。読み手は曖昧な部分について、無意識に自分の中にある経験から情報を五感ベースで引き出して、『きっとこういうことなんだな…』と補います。ですから、曖昧な言葉ほど自分の内側と無意識と交流することになります。


風景


Wikisource: 小倉百人一首に収められている歌の一覧


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


記事更新日:2020/08/06


 音に聞く 高師の浜の あだ波は
  かけじや袖の 濡れもこそすれ
  
   祐子内親王家紀伊(百人一首 72番)



《読み》
 おとにきく たかしのはまの あだなみは 
  かけじやそでの ぬれもこそすれ

   祐子内親王家紀伊(いうしないしんわうけきのきい)


《現代語訳》
高師の浜にいたずらにさわぐ波がうっかり袖にかからないようにしておきましょう。袖が濡れると困りますもの。(浮気者だと評判に高いあなたの言葉など心にかけずにおきましょう。あとで涙にくれて袖を濡らしてはいけませんから。)



《メモ》
この歌を詠んだ時、紀伊は70歳でした。詠んだ場所は堀川院艶書合という歌会で、この歌は、当時29歳の藤原俊忠から贈られた歌に対する紀伊の返歌です。紀伊と51歳も離れています。

彼の歌をご紹介しましょう。


 人知れぬ 思いありその 浦風に
  波のよるこそ 言はまほしけれ


「私は人知れずあなたを思っています。荒磯の浦風に波が寄せるように、夜にあなたと話したいのですが。」

藤原俊忠が贈った歌に見事な返歌が披露され、歌会はさぞ沸いたのではないでしょうか。老若男女が即興で歌を交わした歌合せ。

自分の内なる想いを自然界の事象にたとえることで、想いがより豊かな形で相手に伝わったことでしょう。

月夜


Wikisource: 小倉百人一首に収められている歌の一覧


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


記事更新日:2020/08/05


筑波嶺の 峰よりおつる みなの川 
 こひぞ つもりて 淵となりぬる
  
  陽成院(百人一首 13番)



《読み》
つくばねの みねよりおつる みなのがは 
 こひぞつもりて ふちとなりぬる

  陽成院(やうぜいゐん)


《現代語訳》
筑波のいただきから流れ落ちてくる水が男女川(みなのがわ)になります。最初は細々とした流れから次第に水かさを増して深い淵となるように、我が思いもつもり積もって、淵のように深い恋となってしまったよ。


《メモ》
筑波は常陸国(現在の茨城県)の筑波山のことです。筑波嶺(つくばね)は、歌垣(うたがき。古代、春と秋に男女が集まり、お互いに歌を歌いながら求愛や求婚をした行事)の場所として有名です。

このように、筑波嶺(つくばね)をはじめとする歌枕にはそれぞれ、一定のイメージが蓄積されているので、歌に置くだけで多くの意味を含めることができます。

歌が詠まれたころの都は、今の京都です。京都から見て東国にある「つくばね」は、田舎で野蛮で、無粋なイメージがあったことでしょう。そんな「つくばね」を恋の舞台に据えることで、陽成院の素朴で粗野な恋の形も表現されています。

ひとつの言葉にたくさんの情報が含まれている日本語の感性の豊かさをあらためて感じずにはいられません。

イメージ



Wikisource: 小倉百人一首に収められている歌の一覧


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


記事更新日:2020/08/03


恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 
 人知れずこそ 思いそめしか
  
  壬生忠見(百人一首 41番)



《読み》
こひすてふ わがなはまだき たちにけり
 ひとしれずこそ おもひそめしか

  壬生忠見(みぶのただみ)


《現代語訳》
恋しているという私の噂がもう立ってしまった。誰にも知られないように、心ひそかに思いはじめたばかりなのに。


《メモ》
「思いそめ(思い初め)」の「そめ」は、「染め」に通じます。

「初め」と「染め」はいずれも、だんだんとそのようになっていくことを示します。

短い音で豊かな内容を表現できる日本語の特性が、和歌や俳句といった短い詩の芸術を育んだのかもしれません。

色


Wikisource: 小倉百人一首に収められている歌の一覧


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


記事更新日:2020/08/03


恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 
 人知れずこそ 思いそめしか
  
  壬生忠見(百人一首 41番)



《読み》
こひすてふ わがなはまだき たちにけり
 ひとしれずこそ おもひそめしか

  壬生忠見(みぶのただみ)


《現代語訳》
恋しているという私の噂がもう立ってしまった。誰にも知られないように、心ひそかに思いはじめたばかりなのに。


《メモ》
「恋」のつづりは「こひ」、読み方は「こい」です。同じつづりと読み方をする語句には「乞ひ」「請ひ」などがあります。

「こひ」に共通しているのは、離れたものを近くに引き寄せる動きです。「こい」という読み方、つまり音の響きで、具体的な動きを表しています。このような傾向は日本語によく見られます。

そういえば、現代語の「来い」も同じ読み方、音ですし、同じ動きを表現していますね。

植物


Wikisource: 小倉百人一首に収められている歌の一覧


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


記事更新日:2020/08/02


春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 
 衣ほすてふ 天の香具山
  
  持統天皇(百人一首 2番)



《読み》
はるすぎて なつきにけらし しろたへの 
 ころもほすてふ あまのかぐやま

  持統天皇(ぢとうてんのう)


《現代語訳》
いつの間にか春も過ぎて、もう夏が来てしまったようです。采女(天皇や皇后付きの女官)たちが夏衣をさらして干す天の香具山にも、真っ白な衣が、あのように干してあるよ。


《メモ》
この歌は、自分の目の前にある風景を、ストレートに言い表しています。

「白妙の」は「衣」にかかる枕詞で、「妙」は言うに言われぬほど優れていることを意味します。「白妙の衣」から受ける印象は、真っ白くて美しい衣のイメージです。また、夏山の深い緑と衣の白との対比が鮮やかで、明るい夏の雰囲気が伝わってきます。

百人一首の中でも表現している映像がひときわ鮮明で、視覚を刺激される歌です。


布


Wikisource: 小倉百人一首に収められている歌の一覧


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


記事更新日:2020/08/01

野瀬美佐


野瀨 美佐

ニューコードNLPスクール日本語研究部長
ニューコードNLPスクール
マスタープラクティショナー

日本語・和歌研究家
熊本大学文学部(国語国文学専攻)卒業

北九州市で生まれ育った私は、俳句や漢詩の書写、朗誦をたしなむ父のそばで幼少期を過ごし、日本語の豊かさや音の響きに興味を持つようになりました。


熊本大学文学部では国語国文学を専攻し、古典文学や和歌を中心に研究しました。

卒業研究のテーマは、中世の歌人・伏見天皇の皇后の永福門院です。

和歌では31文字という限られた制約のなかで、光の強弱や色の濃淡、時の推移、作者の位置といったさまざまな要素を盛り込むことができます。その例として、永福門院の歌を一首ご紹介します。

やまもとの鳥の声より明け初めて花もむらむら色ぞ見え行く

卒業後は、公立学校や通信教育、日本語教室で国語を教えたり、我が子や地域の子どもたちに詩や民話を届けたりする活動を通じて、日本語や、その文学作品である詩、短歌・俳句の探求を続けてきました。

日本語の探求は私のライフワークです。


和歌の中に込められた日本人のものの感じ方や自己表現、コミュニケーションの形などが、時空を越え、現在を生きる私たちにつながっていることを日々実感しています。


いま私が実践しているNLPでは、言語をその外側に立った視点で捉えることで、日本語の構造に表出される日本人や日本文化の特性を探求しようとしています。

植物

このページのトップヘ